1周年ありがとう

12月4日でフリーランスとして開業届を出して1年が経ちました。

 

とはいえ、揺らぎっぱなしの1年間。
ろくに営業活動もしなかったのに、奇跡的に!?なんとか続けてこられたのも、ひとえに仕事のお声がけくださったみなさま、そして、なにかと気にかけてくださったみなさまのおかげです。本当にありがとうございます!

 

この一年、いただくお仕事に甘んじて自主事業が出来なかったな、ということと、業務を進めるためにインタープリテーションを封印しすぎたなぁ…ということが反省点。どちらも自分にとって大切すぎて手がつけられなかったのだけれど、恐れずに向き合いたい次の一年。

自分の内側で気になっていることが、社会にどうつながっていくのだろうかと、自身の力量不足もあってその手がかりがつかみきれず、不安になることもあります。まぁ、まずは思い続けること、やることをやりながら、いつかなにかのタイミングで動くこともあるだろうと、近ごろ少しのんびりかまえられるようになりました。(それでもやっぱりカタチにしたいー!との欲もあり。がんばる。)

 

2年ほど前、「独立する」と、インタープリテーションの師、故・小林毅氏に伝えたとき、「それもいいね」と初めてあっさり同意してくれた時の空気感を今でも覚えています。師が大丈夫と言ってくれたから、私は大丈夫だろうと。なにが大丈夫なのか全然わからないけれど、とにかく前向きに信じて心の支えにしています。

 

そして。
所属も肩書きもなんにもなくなった“わたし”を気にかけてくれて、出会ってくれる皆さんに、
心からありがとう。

 

次の1年も面白がっていきたい。
引き続きよろしくお願いします。

sIMGP4457  sIMGP4453

紅葉も雨で散った12月4日*