熊本地震によせて

このたびの熊本を震源とする大地震で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

ひとまず無事!と、友人知人の報告をきくたびに安堵しつつも、
報道すらされることのない現実がまだまだたくさんあるだろうことに、なにもできないもどかしさでいっぱいです。

どこにいようとも、他人事ではない災害。
離れた場所にいる私には、いまできることに取組む、というほど積極的に迷いなくできることは限られ、今はこれしかできない、ということのほうが多いのが現状ですが、被災地に心を寄せつつ、自身の持ち場を守りつつ、この非常時を過ごしたいと思います。

東日本大震災時に私も共に活動させていただいた「RQ災害教育センター」が、九州の自然学校関係のみなさんととともに支援体制「RQ九州」を整えつつあります。

私にとっては、顔のみえる、信頼のおける活動拠点です。

普段の仕事柄、非常時の環境下でもへこたれない、自然学校やアウトドアのプロの方々を中心にした民間のネットワークです。行政支援の届きづらい場所や人々にフォーカスして、ニーズを探りながら、柔軟かつ迅速に支援活動を展開されています。

どうか一日もはやく、必要とする方に必要な支援を届けられますように。

一般社団法人 RQ災害教育センター RQ九州