さとやまスケッチ・ワークショップ2017開催しました。

workshopいろいろ

今年の夏はあっつい!!
と、暑さに負けてる感のあった8月最初の週末に、
さとやまスケッチ・ワークショップ2017」開催しました。

企画概要はこちら・・・

昨年の様子はこちら・・・

このワークショップの言い出しっぺは、
主催のわたしと、
東京にて作家活動をされている牧野光代さん。

たとえ、誰も来なくっても、じぶんたちだけでもやりたいことやろう〜!と、昨年に初めて開催。

その時間があまりに濃密でおもしろくって!!
今年も、するっと開催です。
ありがたくも、昨年も今年も来てくださる方々多数(感涙!)

絵を描くのが上手になるための絵画教室ではなくて、
絵というステキな自由な手段によって、
じぶんを含めた人としぜんに深ーく出会うための場。

今年は、いったいどんな新たな出会いがあるのか?
とってもとっても楽しみでした。

東京からいらっしゃる方々は、会場に前日入り。
出かけた先の温泉では、きれいな夕焼けに出会えました。

会場となる古民家の玄関先にいたツバメたちは、ワークショップ2日目の早朝に巣立ってゆきました。
巣立つ前に、みなさんにみていただけて、よかった。

で。
今年はほんとにあっつい!!

ということで、
日中は、みんなクーラーのある部屋にギュッと集まって過ごすはめに…。
古民家なので、広い座敷部屋はたくさんあるのですが、今年の暑さはきびしすぎた(涙)

ゲスト講師の牧野さん。
スケッチに出かける前に、絵を描くウォーミングアップをすこし。

テクニック的なことは、最初の段階ではほとんど教わりません。

牧野さんの姿勢からは、
絵という手段が、いかに自由で、いかに人それぞれの良さがあるか、そんな絵の魅力が伝わってきます。


スケッチブック、みんなでよってたかって、コンテと鉛筆の試し描き。

ただただ自由に描いただけなのに、
なんだかステキな作品に仕上がっていました!

スケッチには、ひとりの計画や思惑を超えた、
その場でしか起こり得ない一期一会な出会いもあるのですね。

 

午前中は、暑いけど、がんばって外にお出かけ。

こんな風景のところが、最初のスケッチ場所。


1枚のスケッチを、1時間ちょっとで。

みんなと一緒にいるけれど、
スケッチするときだけは、
じぶんと、目の前の被写体と、スケッチブックに没頭します。

全身全霊で、ひとりで向き合う。

つい熱中して、水分補給も忘れちゃうくらいに・・・。

真剣なまなざし。かっこいい!!

1日目のおひるごはんは、瀬戸内ならでは!たこ飯にしたよ〜。
真剣にスケッチすると、本当におなかがすくのです。

午後も、もう1枚、スケッチします。

昨年は、田んぼに出かけたのですが、
今年はやっぱり暑すぎるので、、
いつでも避難できるように、古民家のまわりにて。

ふだん、ここに暮らしている私にとっては、
あまりにも見慣れた風景なのですが、
みんな、それぞれ、描きたい風景を見つけてくれます。
それが、とてもありがたくって、うれしい。

ひとりスケッチの時間を経て、
最後は、絵を見せ合いっこして、牧野さんによる講評タイム。

牧野さんの、的確で、愛あるコメントの数々に、
それぞれの絵の魅力にどんどん引き込まれていきます。

みんなの絵をみていると、
上手いか下手かって、
本当に、とるに取らない、狭いモノサシでしかないなって思う。

それぞれ、ハッとさせられる魅力があって。
じぶんと全然違うことに、驚かされたり、悔しくなったり、うれしくなったり。

描こうと感じられる世界も、
絵をつうじてみえてくる世界も、
本当に、美しいなって、あらためて気づかされる。

そして。
私にとっては、毎日見慣れた、日常でしかない
田んぼと山に囲まれた小さな田舎が、
はるばるいらしてくださったみんなの絵と感性をとおして、
キラキラと新しい一面をみせてくれるのが、
本当にありがたくって!

いいところだねー
と、みんなが言ってくれるのは、
お世辞でもなんでもないのだと、
みんなの絵をみていると信じられるのです。

みんなでスケッチした里山の夏の風景が、
おひとりお一人の心の中に残ってゆくといいなーと願っています。

わたし自身は絵が苦手なくせに、
このスケッチ・ワークショップをやりたくなっちゃうのは
おかしいことだなぁと思うのですが、
じぶんひとりでは出会えない風景や感性があるから、
やっぱりまたやってみたくなっちゃうと思います。
スケッチの魅力は、深いです。

また来年、できるかな。
できるといいなー。
ご一緒に楽しんでいただける方、ぜひぜひに。