2021-10-10

夜空をみあげる

天体にはあまり詳しくないのですが、月や星をながめるのは好きです。

月の明るさなのか引力なのか、月がある方には自然と目が引き寄せられる気がしていて不思議。

昨日と今日は、月齢3〜4。夕暮れ時、西の空の三日月がきれいでしたね。

月齢3。宵の明星、金星とともに。
1日後には、月と金星の位置が入れ替わり。月の下の星は、さそり座アンタレス。赤い星だけれど、私のカメラでは撮れず。

星の名前はほとんど知らないし、たぶんこれからもあまり憶えないと思うけれど。

「名前をおぼえる」ことは、その対象をもっと知りたくなる、という効能があるのかも。他と区別して認識できて初めて、特別な存在としてみえてくるものですね。

秋の夜は肌寒いけれど、蚊が減って過ごしやすいという利点があり、

夜半に夜空をみあげていると、幸運にも流星がちらほらと!

りゅう座流星群のピークだったらしい、と後で知りました。

私の暮らすあたりは高速道路の光害が少しあって、星空観察には向かないんだよねーと、夜を楽しむ企画には無頓着でいたのですが、私にできる自然のシェアをもっとやってもいいのかもなぁ…と、流星ながめながら思いました。


関連記事

    関連記事はありません